【講師紹介】



はじめまして。鳴海恵美子です。 東京で働いていたころ、東京立体裁断研究所の 近藤れん子先生 に師事することができ、大好きな地元”北海道”に戻ってくる勇気が出ました。 平面製図でわからなかったことや、つじつまが合わなかったことなどを、立体裁断で実際に形にしていく上で、全てつじつまが合い、理解できるようになった感動を今でも覚えています。 立体を組んでいく上で、 ” だからこの線になるのだ ” と平面製図にも活かせるようになりました。 立体裁断の技術を身につければ、形に出来ないものはないと感じております。

立体裁断を教えさせていただくきっかけになりましたのは、北海道にアパレルメーカーが少ないということからでした。せっかく洋服が大好きで服飾の専門学校に行かれたのに、ご卒業後アパレルでの就職先が少なく、アパレル以外のお仕事をされている方が多いと伺いました。実際私の勤めていた会社の上司にも、”北海道にはメーカーがないのにどうして帰るんだ” と言われました。 しかし、立体裁断を知り,近藤 れん子先生に教えていただいたおかげで、北海道に戻っても自分でやれると確信することが出来ました。 微力ながら、北海道のアパレルが発展していく、小さな一助になればと願っております。

講師経歴
‘95.3 東京文化服装学院アパレル技術科卒業。
在学中、平成7年度優秀賞、第16回トワリスト賞、
平成7年度卒業制作作品ダイエー賞 受賞。
‘95.4 (株)ジュン・アシダ にパタンナーとして入社
‘96.4 ‘99.2まで、東京立体裁断研究所 近藤れん子先生に 師事し、立体裁断の全てを学ぶ。
‘99.2 (株)ジュン・アシダ を退社。
‘99 アトリエ『オートクチュール ジョチカジェル』を開設。
‘05.10 立体裁断教室JOCHICAJELを開講。