【立体裁断とは】

平面裁断(製図)に対するもので、人体やボディ(人台)に直接布をあてて裁断します。
平面裁断が、採寸によって得られた寸法に基づいて、製図がひかれるのにたいして、立体裁断は直接モデルやボディに布をあてる為、意図するシルエットをより的確に表現することが出来ます。数字を用いる平面 裁断に比べて、より感覚的であり、パリのオートクチュールなどでもこの手法によって裁断されています。 通常は、トワル(シーチング)を用いてボディの上で形を作り裁断し、これを型紙として実際に用いる布の上に置いて裁断します。 
立体裁断教室JOCHICAJELでは、製図の力も向上していただけるよう、立体裁断で組み終わったものを製図にトレースして、製図からも「良い線 ・ 悪い線」を見極めていただけるように指導しています。

授業日
日曜日 AM10:30〜16:30(月3回)
費 用
入学金
65,000円
受講料
24.000円/月